審美歯科・矯正歯科

当院の審美歯科・矯正歯科

当院では、「噛んだり、話したり」という本来の機能を整えるため、という目的の上に、
審美歯科治療や矯正歯科治療を行っています。

矯正歯科

歯並びは、見た目だけではなく、噛むという機能や発音、虫歯や歯周病などいろいろなところに影響します。そのため当院では、認定医・専門医の資格をもった歯科医師の協力を得ながら、矯正にも力を入れています。

矯正を始めるタイミングは人それぞれです。子どものうちに始めたり、大人になってから治す場合もあります。また、あごの位置関係や歯の傾き具合によっても異なります。

ひと口に歯並びが悪いといっても、あごの骨にかかわるものなのか、あごと歯の大きさのバランスが悪いからなのか、など、患者さん一人ひとりの状況を分析して、時期や方法を見極めています。

※当院では診断のため、矯正用のレントゲンを導入しています。

お子さんの矯正

お子さんの矯正は、大人になったときにどのような状態になるか、を予測して、お子さんに合った時期や方法で治療することが大切です。

いわゆる「受け口」や「出っ歯」は、あごの骨にかかわるものです。あごの発育は、上あごと下あごでは時期が違います。その発育を使って治す場合もあれば、発育の過程で歯並びに問題が起きることもあります。「受け口」は、早いお子さんで小学1年生ぐらいから矯正を始めるケースがあります。ただ矯正は早い方がよいというわけではありません。早く治しても、あとから生えてきた歯によって戻ってしまう可能性もあります。そのようなケースでは、生え変わってから始めることもあります。

当院では、3~4か月ごとの定期検診で、虫歯だけでなく歯並びも確認しています。
状態を分析して、将来矯正した方がよいかもしれない場合は、親御さんにお話ししています。親御さんも情報を共有することで、引っ越しても、次の歯科医院で役立てていただけると思います。

成人の矯正

大人の方でも、歯並びで悩んでストレスを感じて、矯正を受ける方もいらっしゃいます。矯正によって、精神的な問題を改善できることは大変重要なことだと思います。

矯正は歯並びを変えるだけではなく、口周りの筋肉の付き方も、治した歯に合わせていくものです。子どもに比べると、成人の矯正は少し時間がかかったり、戻りやすい傾向があります。それは、大人には、すでに今の歯並びに合った筋肉が付いており、それを変えなければならないからです。

矯正には、歯を動かす治療と、戻らないように押さえておく治療(補てい)と、2段階あります。大人の場合は、その押さえておく期間が少し長くなります。歯を動かす期間は状態によって幅があり、平均すると2年半ぐらいです。そのあと、動かした歯に周りの筋肉などを馴染ませる期間が2年ほど必要になります。

年齢が上がると、装置が入るため、歯周病になりやすく、歯を動かすので、骨が下がりやすい、といったリスクは高くなります。高校生や10代20代のうちに始める方が、リスクは低いといえます。そのため患者さん自身が、歯磨きや手入れに気をつけ、虫歯や歯周病などを防ぐことが大切です。

ホワイトニング

歯の黄ばみなどを、白くするのがホワイトニングです。
効果がはっきりわかるため、きれいになったと喜ばれる患者さんが多い施術です。

また、1本だけ神経を取ったことにより色が変わってしまった歯を、目立たなくする、といった目的でも、利用していただきたいと思います。

当院では、マウスと薬剤があればご自宅でできる、ホームホワイトニングをおすすめしています。ホームホワイトニングは、痛みが出にくく、ゆっくり白くなる分、色が戻りにくいものです。色が戻っても、ひと晩薬剤をつけていただくと、また白くなります。

お急ぎの方は、ご来院いただいて、専用機器で光を当てて白くする、オフィスホワイトニングをご利用いただけます。1回1時間で、2回の通院が1セットとなります。

被せ物

保険対象も含め、多様な材質のものがあります。当院では、患者さんの歯の状態に合ったものを、まずおすすめすることを基本にしています。

金を多く含む金属は、丈夫さや、歯との親和性に優れています。金属アレルギーの方や、見た目が気になる方には、金属以外の材質を選んでいただけます。

当院で扱っている被せ物(保険外)

ジルコニアセラミック(セラミックでできたもの)
メタルボンド(金を多めに含んだもの)
ハイブリッド硬質レジン(樹脂でできたもの)
ラミネート(被せるのではなく、歯の表面に貼るタイプ)
歯の詰め物も、変色するのが気になる方には、金やセラミック、ハイブリッド硬質レジンなどに替えています。
043-275-2004 受付時間
footer_bnr02_sp.png
メールでのお問い合わせはこちら